不動産関連の情報の分析

自己所有の不動産を所有する場合は、固定資産税などの負担が重く感じますが、賃貸の場合は気軽です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅で暮らすことの魅力について

私は住まいは生涯賃貸住宅で良いと考えています。自己所有の不動産を取得する場合には、登記費用や不動産取得税、印紙代に火災保険等様々な費用が必要になりますが、賃貸住宅の場合は毎月の家賃さえ支払えば家の修繕や管理は大家さんの負担になりますので安心をして暮らすことができます。我が家の場合は、ベランダに蜂の巣ができた時があるのですが、そんな時でも電話一本で無料で駆除をしてくれました。このようないざという時に大家さんを頼れる環境は賃貸住宅の大きな魅力であると感じています。

また不動産を購入して自己所有にした場合は、毎年固定資産税が課税をされます。住宅ローンの無い状態で不動産を所有しているならば、固定資産税の支払は重荷ではありませんが、住宅ローンと2重に支払う場合大きな負担を感じることになります。我が家の場合は世帯年収が600万円程度ですので、不動産を現金で購入する余裕はありません。住宅ローンを組むことで、大きな借金を背負うことになりますので、自由に使えるお金が少なくなることが予想されます。このように自己所有の不動産には様々な負担がありますが、賃貸住宅の場合は家賃さえ支払えばあとは気軽ですので、生涯賃貸で生活することが良い選択だと考えています。

住まい・賃貸は、ここのホームページで情報収集しましょう

  • あれれ?私のしている賃貸方法は間違っていた?そう感じたら、このサイトで今進行中の賃貸を診断しよう
Copyright (C)2015不動産関連の情報の分析.All rights reserved.